【ダンまち最強の収益化評価】ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜

ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜(ダンまち)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【ダンまち】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2017.6.19
Android
ダウンロード数400万
最高セルラン10位以内
直近の順位帯50位前後
独自アプリライフサイクル成長前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされて数ヶ月しか経っていないため、参入時期としては良いタイミングだと言えます。2ヶ月あれば、ダンまちのマネタイズ性能を分析しつつ、これからの動向を予測できるからです。

原作シリーズ累計800万部を突破したとあって、ファンが多くついているタイトルです。アプリのダウンロード数も400万ダウンロードと順調で、セールスランキングを見ていても、100位前後で推移していた時期もありましたが、そこから10位以内まで戻ってこれるパワーも持っています。これからの動向が楽しみなタイトルの一つです。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

参入時期としては良いタイミングで、参入障壁も低いと判断します。★を減らしている原因としては、コアなファンが多いタイトルなので、原作やアニメを知っていた方が良いと考えているからです。アプリから始めてマネタイズしようと考えた方は、並行して原作を読んだり、アニメを見て勉強した方が良いです。
現状ライバルが少ない上に強くないので、参入する余地はかなりあります。今の間にどう自分のポジションを確立していくかが勝負の分かれ目になってくるでしょう。

ホームページ考察

人気のタイトルだけあって、大手企業の参入が複数あります。この先もセールスランキングが10〜100位と振り幅がかなり大きい状態が続くのであれば、狙う余地も大きくなってきます。収益を上げれるかどうかに対しての不確定要素が大きくなり、大手企業の力の入れ具合が少なくなってくるからです。
原作やアニメの知識があり、何よりダンまちが好きなのなら、情報量が多くなりがちなホームページを作っていても楽しくできると思います。収益を上げることももちろん大切ですが、それと同じぐらい経験を積むことも大切です。好きなタイトルならやってみる価値はあるでしょう。

動画考察

時期的にも良く、ライバルも少なく、大手配信者の参入もないので狙う価値があります。動画再生数も公式生放送で10万回以上、個人の配信者で1万回以上視聴されてるので、市場もあります。ただ、ガチャ動画が多くあり、視聴回数も多いです。逆に攻略動画は少なく、視聴回数も現状少ないです。ガチャ動画だけでマネタイズを狙っていく場合は、初期投資がかさんでしまいますので、費用対効果をきちんと練ってから参入して下さい。

もりおの総評

リリースされてから数ヶ月しか経ってないタイミングと、それぞれのマネタイズ性能を検討した結果、参入する価値の高いアプリです。
原作やアニメの知識があり、解説(熱弁)できるレベルで覚えていたり、好きなら全ての考察に★を1つ足して考えてみて下さい。
時間の経過とともに、ライバルが増える可能性もあるので、ライバルが少ないうちに自分のポジションを獲得していって下さい。
参考までに、原作の小説は12巻(2017.10.15に13巻発売)、アニメなら13話あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA