【ドラクエライバルズ最強の収益化評価】ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ(ドラクエライバルズ)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメカードと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【ドラクエライバルズ】厳選!リセマラオススメカード3選

リリース時期
iOS
2017.11.2
Android
ダウンロード数700万
最高セルラン2位
直近の順位帯10位以内
独自アプリライフサイクル導入前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされて間もないため、新しい情報を集めつつ、これからの動向を予測して行く必要性があります。記事作成段階ではダウンロード数が未発表のため、詳しい数字はわかりませんが、リリースされてから無料ダウンロードランキングの上位に連日入っているため、どんどん伸びていっていることがわかります。セールスランキングも上昇傾向で、最高セールスランキングが2位と順調です。【ドラゴンクエスト】は1986年に第1作が発売されており、その歴史は長くファンも多いため、市場規模も大きいです。ただ、まだリリースされて日が浅いので、リスクがあることも忘れないで下さい。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

上位表示されているサイトに個人の方で事前からリリースに備えてる方がいません。企業の事前情報や、まとめサイトが出てくるため、まだ上位に表示されているブログがない状況です。リリースされて間もないため、自分のブログを持っていない方がブログをスタートさせた場合、記事数が少なすぎて上位には表示されません。すでにブログを運営されてる方はSEOの強さがアドバンテージになりますし、これからスタートされる方は記事数がとても重要になってきます。ただ、闇雲に記事を書いても他と差別化ができないため、ブログにわかりやすいコンセプトを1つ持たせると良いでしょう。

ホームページ考察

かなり注目を集めているアプリのため、大中小企業がどんどんサイトを構築しています。リリース直後は企業同士のシェアの奪い合いがあるため、ライバルがかなり強力です。個人の方が真っ正面から戦うのは得策とは言えません。注目度が高すぎるので、戦わないという戦略を取るのもありでしょう。それでも参入を考えている方は、全ての情報を取り扱うのではなく、自分の強みを活かせるジャンルに絞ると良いでしょう。何かに尖ったサイトを構築して、そのジャンルでは負けないで下さい。

動画考察

よくある傾向なのですが、注目度が高いアプリは中堅〜初心者までの配信者がとりあえず動画を作ります。市場が大きいため、稼げるのではと考えたり、登録者数を増やしやすいと安易に考えるからです。確かに、一時的に視聴回数が増えることもありますが、そこから多くのファンを獲得して生き残っている方は、確かな戦略があり、自分自身のブランディングに成功しています。市場が大きく、チャンスも多いですが、ライバルが多いこともわかっているため、他とどこで差別化して戦って行くかを明確にしておくと勝算が高くなります。

もりおの総評

かなりの有名なタイトルで、リリース直後ということもあり注目度がとても高いです。市場も大きく、参入する方も多いため、その中で自分自身をどのようにアピールして行くかが大切です。脚光を浴びてる人が多いと思いがちですが、その裏ではそれ以上の方が日の目を見ることなく消えていっています。あなたはどちらになりたいのでしょうか?答えは明白だと思います。勢いで参入する前に、どのジャンルで戦い、どのように勝っていくかの戦略を練って下さい。勝てる戦略を練った後で、その勢いが必要になってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA