【FEH最強の収益化評価】ファイアーエムブレムヒーローズ

ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【FEH】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2017.2.2
Android
ダウンロード数300万以上
最高セルラン2位
直近の順位帯50位以内
独自アプリライフサイクル成長後期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

超人気タイトルファイアーエムブレムがアプリとして登場しました。リリースされてから半年以上経った今でも、セールスランキングは好調で上位にいることが多いです。昔から人気を集めていただけあり、注目度も高く、コアなファンがかなり多いタイトルです。
市場は成長期のため、ここからさらに伸ばしていけるかはゲーム性はもちろん、運営の方の手腕にかかってきます。最初の期待が大きすぎたためか、現在では市場が少し縮小してしまっているので、マネタイズを狙っていくかどうか、慎重に判断する必要があります。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

最初こそ注目度が高かっため参入する方が多かったのですが、現状を見てみると更新が止まっているブログが多く、ライバルが少ないです。それどころか少なすぎるのが気がかりです。25年以上もの歴史を持つタイトルなので、もう少し盛り上がりが欲しいところです。昔からプレイしているコアなファンにこそ参入のチャンスがあると考えます。
マネタイズするのももちろん大切ですが、好きなことなら最初の苦しい時期も耐えられると思うので、どのようなブログにしていくか戦略立てて作っていきましょう。

ホームページ考察

人気タイトルだけあって、多くの大手企業がサイトを作っています。現状引き続き更新はされていますが、市場が縮小していると感じるので、企業はここから進退の判断をしていきます。
大手企業の参入が多く、市場が縮小傾向にあるので、個人が参入するにはリスクが高いと判断できます。ホームページを作りたいのであれば、なぜ作りたいのか、どのようにして大手企業と戦っていくのかの戦略をしっかりと練って下さい。

動画考察

リリース直後は話題性もあり、全体的な再生回数も多かったのですが、現在の再生回数は減少傾向にあります。大手企業や大物配信者の方の配信も止まっているため、撤退を決定したことがわかります。
自分自身のブランディングをしやすい時期と考えることもできますが、アプリのこれからの動向に大きく左右されてしまうため、他と比べてリスクが高いです。参入する場合は、どのようにブランディングを行うかに焦点を絞って最初の段階でしっかりと考えてリスクヘッジを行って下さい。

もりおの総評

注目度が高く、最初の勢いこそ良かったのものの、現在はその勢いが衰えてしまっています。ただ、衰えたとはいえコアなファンも多く、セールスランキングも上位なので、まだまだマネタイズの余地は残っているでしょう。
ここから巻き返せる力があるのか、運営力にも期待したいところです。
参入する場合は、ご自身が取れるリスクがどの程度なのかも一度検討して下さい。あなたがこの苦しい時期を乗り越え、アプリも軌道に乗ることができれば、これからの戦いで大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。
ただ、他にも気なるアプリがあるのなら、そちらも必ずチェックして費用対効果の計算を怠らないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA