【パワプロ最強の収益化評価】実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球(パワプロ)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【パワプロ】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2014.12.23
Android2014.12.18
ダウンロード数3000万
最高セルラン1位
直近の順位帯10位以内常連
独自アプリライフサイクル成熟後期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされてから2年半以上経っているアプリのため、市場はほぼ出来上がっています。

ダウンロード数が3000万以上もあり、パズドラの5年で4500万やモンストの3年半で4000万ダウンロードと比べても遜色ない数字を叩き出していることがわかります。ただ、成長を見込める幅も当初と比べて頭打ちになりつつあります。

セールスランキングを見ていても10位以内常連で、ゲームが面白くファンがついていて、アクティブユーザーも多く、課金してる人も多いことがわかります。こういうアプリを早い段階で見つけてマネタイズできるのが理想なのですが、2年半経ったアプリをこのタイミングで参入していくのは参入時期が遅いと言えます。参入時期が遅いため、勢いでスタートするのではなくどういった戦略で戦っていくのかをスタートアップの段階で計画していく必要があるでしょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

2年半という月日が経っているのため、ライバルが多くかなり強力です。2年半という時間を覆せるようなコンセプトはもちろん、モチベーションの維持も大切になってきます。ブログを書くにあたってのある程度の経験もあった方が良いので、初めてマネタイズしてみようとしている方向けではありません。アクセスが集まらない苦しい時期を経験したことがある方でないとやる気の維持が困難と思われるため、新規の方はハードルが高いと覚悟して下さい。

ホームページ考察

大手攻略サイトに完成されたホームページが存在する、2年半も経っているため情報量が膨大であるなどの理由から、このタイミングでの参入は厳しい戦いが待っています。個人でやる方やかけれる時間が少ない場合は企画段階で全てに手を出そうとせずに、まずはできる範囲を絞ってみましょう。ニッチに展開してみて、そこから拡大していくという戦略をとることをお勧めします。

動画考察

パワプロでのマネタイズを狙うのならここかなと思えます。
2年半も経っているのにライバルが少ないのが参入するにあたっての加点となります。動画のアクセス数を調べてみると減少傾向にあるのですが、単純にユーザー数が減ったと考えるよりも、ダウンロード数や売り上げランキングは伸びているので動画とユーザーとのマッチングが上手くいってないと判断することができます。コンセプト次第では十分に勝負になるでしょう。

もりおの総評

2年半以上経っているアプリのため、マネタイズするにあたっては戦略をきちんと練る必要があります。
私なら動画投稿から狙っていきますが、アプリを1から始めるのであれば2年半という月日があるため手をつけないでしょう。ある程度アプリをやっている方であれば取れる戦略の幅も広がるため試してみる価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA