【トレクル最強の収益化評価】ONE PIECE トレジャークルーズ

ONE PIECE トレジャークルーズ(トレクル)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【トレクル】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2014.5.12
Android
ダウンロード数2500万
最高セルラン3位以内
直近の順位帯50位前後
独自アプリライフサイクル成熟後期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされてから3年以上が経過しているため、マネタイズするにあたり全てを1から始めようとしているのか、既にアプリをしていたり、ブログ・ホームページ・動画の運営の経験があるかどうかでとる戦略が大きく変わってきます。ダウンロード数がかなり多く、セールスランキングも上位にいることが多く、市場がかなり大きいです。その大きな市場の中でどのようにして自分のポジションを確立していくかも含めて考えていきましょう。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

上位表示のサイトをチェックしてみると、更新頻度が多くても2日に1回程度、更新が止まっているサイトも多く見受けられるため、マネタイズの余地はありそうです。検索数も超人気タイトルのアプリのため、かなり多く存在しています。ただ、アプリ自体が3年以上経過しているため、その期間をどのようにして埋めるのかが問題です。全てを1から始める場合は、マネタイズするイメージはもちろん、続けていく胆力がかなり必要です。既に自分の武器を持っている方は、うまく絡めることで勝算をあげて下さい。

ホームページ考察

大手企業が複数社ホームページを作り上げています。かなり力を入れてる企業もあるため、今からの参入となるとかなり厳しいでしょう。3年間の情報も取り扱うとなると、個人の方ではその量に圧倒されてしまい続けていくことが困難だと予想されます。なぜ、このタイミングでこのアプリをマネタイズしたいのかを明確にして下さい。市場を狭めてニッチに活動するという戦略もありますが、全てを1から始める方は、利益目標や計画目標も考えた上で参入するかどうかの判断をして下さい。

動画考察

大手企業の配信者や中堅の配信者が視聴数を集めています。ライバルがやや強力なので、どこで差別化するかが大きなポイントになってきます。さらにリリースされてから3年以上も経過しているため、全てを1から始めるとなると、しっかり計画を立てなければ勝負にすらならないでしょう。
ただ、市場が大きいので、マネタイズの余地はあります。あなた自身の武器を把握し、勝てる戦略をしっかり練りましょう。

もりおの総評

3年以上経っているアプリのため、経過した時間をどのような戦略で補っていくのかがポイントです。まずは参入するジャンルを選び、自分に合った戦略を立ててみて、勝算がどの程度あるのかを考えた上で、参入するかを決めて下さい。全てを1から始める方には向いていないアプリなのですが、このアプリじゃないとダメなんだという強い意志もまた、一つの武器になってきます。
まずは、勝てるイメージを固めたり、戦略をしっかり練ることに時間を使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA