【ヴァルコネ最強の収益化評価】ヴァルキリーコネクト

ヴァルキリーコネクト(ヴァルコネ)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【ヴァルコネ】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2016.6.9
Android
ダウンロード数全世界1000万
最高セルラン10位以内
直近の順位帯50位前後
独自アプリライフサイクル成熟前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされてから1年以上経過しているアプリなので、マネタイズに適しているか判断するための材料が出揃ってきています。ダウンロード数は全世界で、かつリセマラ込みの数字なので注意して下さい。売り上げはかなり堅調で、ここ1年間をみても、大幅に下がることは少なく、50位前後につけてることを見るとコアなファンがついてることがわかります。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

ライバルがかなり少なく、検索エンジンの1ページ目に表示されるブログを見ていても更新されていないものが多く見受けられました。個人の方の多くが撤退を選択しているようです。詳しくは後述しますが、大手企業も撤退をしているのが多いため、その点が気がかりです。
ブログを長く続けていくのは困難といえども、ここまで撤退を決めている方が多いのはマイナス要素です。リスクが高いと言えるため、やる際にはリスクマネジメントをしっかり行って下さい。

ホームページ考察

先ほど少し触れましたが、大手企業も撤退をしているため、記事の更新がされていないホームページが見受けられました。ただ大手企業は、ヴァルコネの記事更新がなくとも、他のアプリでの記事が更新されているので上位に表示されてしまいます。
マネタイズ性能が低いと当サイトで判断したアプリをマネタイズしていくのは、モチベーションの維持も難しいかと思います。
参入する場合は、しっかり戦略を練り、リスクを把握し、継続する強い意志を持って下さい。やらないと決断したり、撤退をすると決断することも必要な能力の1つだと頭の片隅で覚えておいて下さい。

動画考察

こちらもどうやら撤退している方が多いようです。大物配信者を使って宣伝をしていた時期もありますが、現在はそれもされていません。
動画配信されてる方もいるのですが、再生回数が1000回前後とかなり少ない現状です。市場が小さくなってきている上に、1年経ったアプリなので、ここからの大きな成長は難しいと言えるでしょう。

もりおの総評

マネタイズの観点から言えば、参入するリスクが高いと判断せざるをえません。アプリ自体は売り上げが堅調なのですが、コアなファンに支えられてのものだと考えられます。
ゲーム性がブログ向きではなく、動画もプレイ動画を出すというよりは、ガチャ動画で再生回数を稼ぐという方法が良さそうです。ガチャ動画を配信するとなれば、費用がかなりかかってしまう上に、回収率も悪そうなので当サイトではお勧めしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA