【ウイコレ最強の収益化評価】ウイニングイレブンカードコレクション

ウイニングイレブンカードコレクション(ウイコレ)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
⇒【ウイコレ】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2017.10.30
Android
ダウンロード数未発表
最高セルラン50位
直近の順位帯50位程度
独自アプリライフサイクル導入前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされて間もないため、新しい情報を集めつつ、これからの動向を予測していく必要があります。ダウンロード数は未発表のため、はっきりした数字はわかりませんが、無料ダウンロード数ランキングで100位圏外にいてることや、市場規模から、爆発的に多い数字にはなっていないでしょう。
セールスランキングが順調に上昇しており、100位圏外からスタートしていたにも関わらず、連日続伸して50位までやってきました。どこで頭打ちして、そこからどのような曲線を描いていくのかを引き続きチェックしておく必要があります。
ただ、市場がまだ未成熟で予測検索数が少なく、動画の視聴回数も少ないため、結果として情報が少ないのでリスクが高いとも考えています。ご自身が許容できるリスクレベルを把握し、リスクのマネジメントもしっかり行って下さい。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

ウイコレに特化したブログで1日に複数記事公開しているサイトがあり、サッカーに特化しているブログもあるため、ライバルがいます。ただ、リリースされて間もないため、参入時期としてはかなり良いでしょう。ウイコレに特化している方は相応のリスクを負っていますし、サッカーに特化している方はカテゴリーの一つとして参入しているためリスクを分散させています。第一にリスク管理を行なった上で、第二に戦略を練って、それから行動に移すのが良いでしょう。

ホームページ考察

市場規模が現状小さいため、大中企業の参入がありません。レビュー記事ならあるのですが、攻略記事は書かれていません。この先大中企業が参入してくる可能性はかなり低いため、個人の方がサイトを作るには狙い目となってくるでしょう。参入時期もリリースされたばかりなので良いタイミングです。ただ、市場がまだまだ未成熟のため、成長しないという可能性があります。実際大手企業が参入しないという判断を行なっているわけですから、個人の方もリスク管理はしっかり行って下さい。

動画考察

動画の配信者が少ないためライバルが少ないのですが、視聴者も少ないです。市場が大きくなると判断できるのなら、今から参入して準備しておくのは戦略としてはありです。ただ、大きくならなかった場合の撤退ラインの決定や、ご自身が望む収益目標が達成可能なのかの見極めはシビアに行なって下さい。マネタイズをメインに考えている方が参入するにはリスクが高いです。

もりおの総評

参入時期としてはリリースされて間もないため、かなり良い時期です。ほぼ同時期にかなり注目されていたタイトルの「ドラゴンクエストライバルズ」や「ディズニーツムツムランド」がリリースされており、ダウンロード数やセールスランキングにも少なからず影響しているでしょう。上記2タイトルに比べると参入リスクが高いため、参入するかどうかの判断は慎重に検討して下さい。

【ゆゆゆい最強の収益化評価】結城友奈は勇者である 花結いのきらめき

結城友奈は勇者である 花結いのきらめき(ゆゆゆい)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リリース時期
iOS
2017.6.8
Android
ダウンロード数100万
最高セルラン50位以内
直近の順位帯100位前後
独自アプリライフサイクル成長前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされて半年程度なので、ゆゆゆいを取り巻く環境を分析するための情報が揃ってきています。
ダウンロード数の伸びは緩やかに上昇していますが、ファンの方はリリース当初にダウンロードしているため、ここから大きく伸びることはないと判断しています。セールスランキングも直近では100位圏外にいることが多いので、先行きが少し不安になってきます。50位前後に上昇するセールス力もあるのですが、少し時間が経てば100位圏外に飛んでいってしまうため一過性の上昇になってしまっています。
市場規模が小さいため、マネタイズ額が小さくなりがちです。目標額が低い方や、コンテンツが好きな方に向いてるアプリだと考えています。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

ブログの更新が止まっているサイトがいくつもあり、まとめサイトですら更新が止まってしまっています。思うようにアクセス数が集まらず、期待していた収益が上げられなかったことが見て取れます。現状ライバルが弱いため、上位表示を狙うことが可能ですが、どれぐらいの時間をかけて、いくらマネタイズしたいのかを数字で表して、達成できるかを分析して下さい。数値計画を練っておかなければ、先人たちの二の足を踏むことになってしまいます。

ホームページ考察

大手企業が参入していた形跡はあるのですが撤退しており、中小企業が力を入れてサイトを作っています。ライバルの強さの割に、市場規模が小さいため費用対効果が非常に悪いと考えています。参入時期としては悪くないタイミングなので、費用(どのぐらいの時間やお金をかけるのか)と効果(いくらマネタイズしたいのか)を明確にして、参入する価値があるかどう考えてみて下さい。

動画考察

動画の市場がかなり小さいため、配信者が少なく視聴者も少ないです。すなわち、自然とマネタイズできる額も小さくなってしまいます。マネタイズ性能は低いので、マネタイズメインの方にはお勧めしません。「コンテンツのファンである」や「好きなアプリで動画投稿をしたい」などの他の動機がないと、続けていくのが困難だと思います。参入する場合は、なぜこのアプリのこのジャンルで参入したいのかを明確にして下さい。

もりおの総評

3ジャンル全てで撤退してる方が多いため、市場が小さく、思うようにマネタイズできなかったことがわかります。市場がどんどん大きくなっていくタイプのアプリではないため、この先も爆発的に成長する可能性は低いでしょう。ただ、コアなファンに支えられていることもわかるため、そういうファンの方にこそ3ジャンルのどれかに参入していただき、盛り上げていって欲しいものです。

【グラスマ最強の収益化評価】グラフィティスマッシュ

グラフィティスマッシュ(グラスマ)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【グラスマ】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2017.10.25
Android
ダウンロード数事前登録55万
最高セルラン20位以内
直近の順位帯50位以内
独自アプリライフサイクル導入前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされて間もないため、新しい情報を集めつつ、これからの動向を予測して行く必要があります。事前登録が55万とかなり多く、注目度が高いことがわかります。無料ダウンロードランキングも好調で、リリースされてから2週間ほどは50位以内をキープし続けています。セールスランキングは堅調で30〜50位のレンジでじわじわと上がってきており、このまま上位に入れるかでこの先の動向が変わってくるでしょう。
グラフィティスマッシュはYouTubeを使った宣伝が多いアプリです。市場規模は中程度まで成長してきているので、これからさらに成長しマネタイズ性能が高まることを期待したいです。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

上位にはまだブログがありません。まとめサイトや紹介サイトがあるだけなので、ライバルは強くないです。問題はアプリがどの程度成長するかでしょう。注目度は高いものの、成長して行くイメージがはっきりしていないためリスクが高いと言えます。ただ、リスクの高い今の時期から力を入れておくことで、見返りが大きくなる可能性ももちろんあります。どの程度のリスクを許容できるかを把握した上で、参入するかを決めて、ブログのコンセプトを考えて下さい。

ホームページ考察

現状注目度が高いため、大手企業もサイトを作っています。ただ、アプリの勢い、同時期にドラゴンクエストライバルズやディズニーツムツムランドというグラスマよりも圧倒的に注目度が高いアプリがリリースされていることを考えると、撤退する時期も早いと予想できます。ハイリスク・ハイリターンになってしまいますが、今の時期からホームページを構築して行くという戦略もありでしょう。ただ、市場の動向は常にチェックするようにし、リスクを減らせるように情報収集をしっかりして下さい。

動画考察

YouTubeで「グラフィティスマッシュ」と検索すればわかるのですが、多くの大物配信者の方が宣伝しています。その影響もあり、新規の配信者の方も非常に多く賑わっています。市場が拡大傾向なので、動画を投稿すれば見てもらえる可能性が高いです。ただ、他の配信者の方とどのように差別化し、目立って行くかがポイントです。自分自身のブランディングをしっかり行って下さい。動画にわかりやすいこだわりを持たせたり、差別化してる部分を主張しましょう。

もりおの総評

まだまだ発展途上のアプリのため、これからの動向を予測するのが難しいです。そのため、情報収集して少しでもリスクを減らし、ご自身が許容できるリスクレベルまで下げる必要があります。リスクが高いですが、リターンに目が眩んで参入してしまうと、失敗した時に後悔してしまうかもしれません。失敗も良い経験をしたと捉えられる方ならまだ良いですが、1度の失敗でコンテンツを作ることをやめてしまい、これからのマネタイズの可能性がなくなるのは大きな損失だと考えています。トーマス・エジソンの名言に「失敗は成功の母」という言葉があるのを頭の片隅にでも入れておいて下さい。
リスクの低いアプリもあるので、自分自身と向き合って、どういう戦略でマネタイズを狙って行くのか考えましょう。

【ポコダン最強の収益化評価】ポコロンダンジョンズ

ポコロンダンジョンズ(ポコダン)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【ポコダン】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2014.6.25
Android2014.8.15
ダウンロード数1100万
最高セルラン30位以内
直近の順位帯150位前後
独自アプリライフサイクル衰退前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされてから3年以上経過しているため、参入時期としてはかなり遅いです。ダウンロード数はかなり多く、市場規模も中程度あるのですが、直近のセールスランキングは100位圏外にいることがほとんどなので、これからマネタイズするのであれば厳しい状況だと言わざるを得ないです。
アプリをプレイしたことがなく、以下で分類している3つのジャンルのノウハウを全く持っていないのであれば、違うアプリでマネタイズすることをお勧めします。アプリライフサイクルが衰退前期のためリスクが高く、参入を考えている方は、なぜこのタイミングで、このアプリに参入したいのかを明確に考えて下さい。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

更新されているブログもあるのですが、イベント毎や月に2・3度程度の更新頻度です。それでも上位に表示されているため、ライバルは非常に弱いと言えます。予測検索数の割にはブログが少ないので、もったいない気もします。ただ、これからの参入となると、3年以上経過しているため、その期間をどのように埋めるかの戦略が必要です。ブログを書くためのノウハウや、コンセプト決めも必要な上に、アプリをプレイする時間も必要です。全てを1から始めるには向いてないアプリなので、現況に応じて判断して下さい。

ホームページ考察

大手・中堅のサイトの更新があるためライバルが強力です。さらに、更新が止まっている大手や中堅のサイトも上位に表示されています。取り扱う情報量も3年分あるので、膨大です。個人の方が参入するには期間・情報量・費用対効果の3つの面から考えてもお勧めできません。

動画考察

動画を使った広告をある一定の期間毎に出しているので、運営の頑張りが見て取れます。大物配信者に依頼しているため、視聴回数も多いのですが、動画の市場自体は盛り上がりに欠けてしまっています。配信者が少なくライバルが少ないのですが、視聴者数も少ないためマネタイズ性能は低いです。参入する場合は、マネタイズ以外のモチベーションがないと続かないでしょう。例えば、アプリが好き、動画編集の経験が欲しい、動画投稿の経験が欲しいなどです。

もりおの総評

3年以上経過しているため、参入を判断するための情報が多く揃っています。まず必要になってくるのが、その3年をどのような戦略で埋めて行くかです。その戦略で勝てるイメージが描けないのなら、参入はするべきではありません。冒頭でも書かせていただきましたが、なぜこのタイミングで、このアプリでマネタイズしたいのかは明確に説明できるようにして下さい。成功の確率は計画段階で上げれるだけ上げておきましょう。

【テイルズオブアスタリア最強の収益化評価】アスタリア

テイルズオブアスタリア(アスタリア)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【テイルズオブアスタリア】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2014.4.23
Android2014.4.3
ダウンロード数200万
最高セルラン20位以内
直近の順位帯100位前後
独自アプリライフサイクル成熟後期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされてから3年以上経過しているため、参入時期としてはかなり遅いです。ダウンロード数は多くはないですが、コアなファンが多いコンテンツのため、長くプレイしている人が多いことが予想できます。セールスランキングは乱高下が激しく、100位圏外にもよく飛んでしまうのですが、50位以内に戻ってくるセールス力もあります。
マネタイズしていくにあたっての、参考情報として「テイルズオブ」シリーズは1995年に第一作が発売され、ゲームジャンルはRPGです。ファンは若年層が多く、その男女比率は7:3です。イベントや関連グッズは女性が9割以上を占めていることが統計的に出ています。アプリの攻略メインなら男性を意識し、イベントやグッズも紹介するのなら女性向けにコンテンツを作れば市場が大きいことがわかります。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

更新頻度こそ多くはないですが、上位表示されているブログは更新し続けられています。2年以上続いてるブログもあり、アプリ以外でのサイトの更新があるため記事数が多く、SEO的にも強力です。ただ、検索ページの1ページ目でも記事数が50記事程度しかないブログも表示されているため、1ページ目の表示を目指すハードルは低いです。
3年経過した現在で、参入しようと考えている方はテイルズファンの方や、アプリをある程度やり込んでる方だと思います。どのようにして3年という時間を埋めてスタート地点に立つかを考えてみて下さい。

ホームページ考察

大中小企業の全てが撤退しています。3年経っているので参入時期としては遅いですが、こういう状況になるアプリを初期の段階から個人で作成できれば、市場のシェアを獲得できるため、リターンが大きくなります。ただ、今から参入するとなれば情報量が膨大になるため、取捨選択を大胆に行ってスタートさせた方が良いでしょう。

動画考察

動画だけの市場規模を分析すると★1から良くて★1.5というところでしょう。ただ市場は小さいのですが、配信してる方も少なく、ライバルが弱いです。マネタイズできる額は小さくなりますが、ファンの方なら参入の余地があると言えます。参入する場合でも、ライバルが弱いからといってただ参入するのではなく、動画にコンセプトを持たせて戦略的に参入して下さい。マネタイズメインの方にはお勧めしません。

もりおの総評

参入時期がかなり遅いため、どのようにしてその遅れを取り戻すのか、取り戻せるのかがポイントです。取り戻してからがスタートなので、戦略次第ではスタート地点に立つまでかなりの時間が必要かもしれません。まずは、勝てる戦略を練ることに時間を使って下さい。勝てるイメージが明確に描けていないと、やり続けていくことが困難になってしまいます。参入するかどうか慎重に判断する必要があるアプリです。

【ツムツムランド最強の収益化評価】ディズニーツムツムランド

ディズニーツムツムランド(ツムツムランド)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【ツムツムランド】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2017.10.31
Android
ダウンロード数事前登録50万
最高セルラン20位以内
直近の順位帯20位以内
独自アプリライフサイクル導入前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされて間もないため、新しい情報を集めつつ、これからの動向を予測して行く必要があります。ダウンロード数の発表はまだありませんが、事前登録で50万を達成しており、リリースから1週間経っても無料ダウンロードランキングの1位を連日キープしているため、ダウンロード数はかなり伸びていることがわかります。
セールスランキングも上昇傾向で、100位圏外からのスタートでしたが、現在は10位以内も狙えるポジションになっています。
市場規模も拡大傾向なので、これからの動向が楽しみなアプリの一つです。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

リリースされたばかりで、市場規模も大きいため、ツムツムランドに特化したブログで上位に表示されているものはありません。上位に表示されているのはツムツムランドに特化したブログ+ホームページのサイトや、すでに運営されている個人ブログの一つのカテゴリーとしての紹介ブログがあります。市場の成長が予想できるため、リリースされて間もないこの時期から先を見越してブログを書き続けるという戦略はありでしょう。初心者〜上級者の方にオススメできるジャンルです。ただ、ブログを書き続けるのではなく、ブログのコンセプトを決めて試行錯誤しながら書き続けていくことが大切です。

ホームページ考察

注目度が高いアプリだけあり、多くの企業や個人の方がホームページを作っており激戦区になっています。今まさに生き死にをかけた生存競争が行われている真っ只中なので、中途半端な覚悟で参入しても成功する確率は低いでしょう。始めたばかりの方が、企業や上級者の方と真っ向勝負しても勝ち目はないので、個人でも戦えるところまで戦略レベルを落とし込む必要があります。取り扱う情報を限定的にし、取捨選択を大胆に行って下さい。大きな市場があるためニッチに活動することで活路も見えてくるでしょう。

動画考察

動画の市場も盛り上がっていますが、注目度の高さから大物〜中堅配信者の参入があります。そういう方たちは「ガチャを回してみた」や「ハイスコアを更新」など王道とも言える企画で出しています。資金に余裕がある方ならガチャ回数で目立つのも良いですし、時間に余裕がある方ならアプリをやり込んでハイスコアを狙うのも良いです。企画力で勝負するのもありでしょう。自分の強みを活かした勝てる戦略を練って下さい。

もりおの総評

リリースされて間もないですが、注目度の高さ・ダウンロード数の伸び・セールスランキングの上昇・市場の盛り上がりなど参入するための良い条件が色々あります。マイナス面を上げると、ライバルが強力で多いというのが第一に考えられます。マネタイズ性能が高くやりがいはあると思うので、勝てる戦略をしっかり練って、行動あるのみです。

【FFBE最強の収益化評価】ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス

ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス(FFBE)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【FFBE】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2015.10.22
Android
ダウンロード数1000万(全世界2000万)
最高セルラン5位以内
直近の順位帯50位以内
独自アプリライフサイクル成熟前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされてから2年以上が経過しているため、参入時期としは遅いです。参入する一つの目安としては、2周年イベントを目標にやりたかったという時期になってしまいます。ダウンロード数はかなり多いのですが、検索数予想が少ないのが少し気になります。ダウンロード数がリセマラ込みの数かもしれませんし、タイトルが長いため検索ワードが分散してるのかもしれません。
セールスランキングは2周年イベントの影響があり一桁とかなり好調で、まだまだセールス力があることがわかります。ただ、2年経過しているため、アプリライフサイクルがどのタイミングで衰退期へと向かっていくのかはチェックし続けていく必要があるでしょう。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

上位に表示されているブログは毎日こそ更新されていませんが、運営期間が長く記事数も多いです。さらに、力を入れてる企業のライターがブログを書いてるため、ライバルとしては強力です。継続的に一定水準以上の記事が出来上がってきますが、個人でやる場合は思い切ったコンセプトを持たせることができるので、書けることの幅が広いです。
ただ、2年以上経過しているため「どのようなコンセプトを持たせるのか?」や「これから参入して勝てるビジョンを描けるのか?」をしっかり考えて下さい。

ホームページ考察

2年経っても大企業が情報を発信しているため、個人の方がこのタイミングで参入するのは厳しい戦いになります。大企業が発信していないジャンルを見つけるか、ある特定のジャンルに特化したサイトにしていかないと勝ち目がないでしょう。アプリもこれから始め、サイト構築の経験もない方にはハードルが高いアプリのジャンルだと言えます。

動画考察

FFBEには公式チャンネルが存在しています。チャンネル登録者は2万5千人以上、視聴回数も1万回越えが多く、更新頻度は3日に1回程度です。かなり力を入れており、市場も動画だけを評価すると★2.5はつけることができます。
動画市場の盛り上がりの割には投稿者が少なく、その投稿者の登録者も少ないため参入の余地が多くあります。2年という時間が経過していますが、その期間を埋めるための戦略が持てるのならチャンスは大きいです。

もりおの総評

2年経過していますが、動画の参入価値が非常に高いという珍しいタイプのアプリです。現在動画を配信されてる方は、その恩恵を多く受けているはずです。こういう市場に早い段階で目をつけ、参入することができれば良いのですが、それを判断することはとても難しいと思います。
アプリをこのタイミングから始める場合は2年以上経過しているので、アプリをやりつつ、どのような戦略で2年という期間を埋めていくのか考えるのを忘れないで下さい。

【ツムツム最強の収益化評価】LINE:ディズニーツムツム

LINE:ディズニーツムツム(ツムツム)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【ツムツム】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2014.1.29
Android
ダウンロード数3500万(全世界7000万)
最高セルラン3位以内
直近の順位帯10位前後
独自アプリライフサイクル成長後期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされてから3年半以上も経過しているため、参入時期としてはかなり遅いです。ダウンロード数の多さや、セールスランキングで常に上位にいることを考えると、実際やったことのある方や知っている方も多いと思います。成熟期にするか迷ったのですが、3年以上経っても人気が衰えていないので、成長後期とさせていただきました。
市場規模がかなり大きく、満点の★5をつけることができます。★5がつくアプリは少ないので、他のアプリと比べてみることでその市場規模の大きさがわかると思います。
市場規模別ランキング
問題となってくるのは3年半以上経ってもマネタイズの余地があるのか?というところでしょう。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

実際プレイしてみるとわかるのですがゲーム性は単純で、制限時間1分で同じ種類のツムを3つ以上繋いで消していくというシンプルな作りです。はっきり言うと動画で見せた方がわかりやすいです。ブログを書くのが難しいアプリのため、上位に表示されているブログは更新頻度がかなり少ないです。ブログの数が少ないのに比べて、予測検索数が膨大な数あるのでチャンスがあります。書き続けていくのが難しいからこそ、試行錯誤して書き続けていく価値があります。まずは、市場のニーズを見つけて下さい。

ホームページ考察

大手企業が撤退しており、中小企業や個人の方がサイトを運営しています。市場規模がここまで大きくて、大手企業が撤退するのは珍しいですが、サイトを訪れるユーザー層が大手企業のサイトと合わなかったことが原因の一つとして考えられます。アプリのアイコンからもわかる通りディズニーをモチーフにしており、かなり可愛いゲームです。ユーザー層は圧倒的に女性が多いので、女性向けにサイトを構築すると勝算が高くなります。3年半以上経っており、情報量も多く、ライバルも強力なこのジャンルへの参入余地は少ないですが、ブログや動画だと参入余地があるため、女性ユーザーが多いということを意識して参入を考えて下さい。

動画考察

ゲーム性と動画がマッチしているため、市場が賑わっています。大物配信者がいるわけではなく、中堅の方が数多く配信されてる状況です。3年半以上経過しており参入時期はかなり遅いので、どのような戦略を持ってその期間を埋めるかが課題となってきます。更新頻度が多い方や、無課金でやっている方、高得点を出す方法やコインの稼ぐ方法を解説している方など、色々な動画があります。自分の強みや個性を出せるようなコンセプトを見つけて、動画にわかりやすくこだわっている部分を出して下さい。

もりおの総評

市場規模も大きく、セールスランキングが好調なため、まだ人気が続きそうなアプリです。ただ、新規ユーザーの獲得には苦労しているため、いずれは成熟期へと向かっていってしまいます。どれぐらいの時間をかけて3年半という期間を埋めれるのかも考えて下さい。すでに3ジャンルで戦っている方は、多くの時間やお金などの資産を費やしています。これから参入する方は、まずは勝てる戦略をしっかり練ることから始めて下さい。勝てるイメージが描けていないと、ヒトは100%の力を発揮しづらいものです。

【ドラクエライバルズ最強の収益化評価】ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ(ドラクエライバルズ)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメカードと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【ドラクエライバルズ】厳選!リセマラオススメカード3選

リリース時期
iOS
2017.11.2
Android
ダウンロード数700万
最高セルラン2位
直近の順位帯10位以内
独自アプリライフサイクル導入前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースされて間もないため、新しい情報を集めつつ、これからの動向を予測して行く必要性があります。記事作成段階ではダウンロード数が未発表のため、詳しい数字はわかりませんが、リリースされてから無料ダウンロードランキングの上位に連日入っているため、どんどん伸びていっていることがわかります。セールスランキングも上昇傾向で、最高セールスランキングが2位と順調です。【ドラゴンクエスト】は1986年に第1作が発売されており、その歴史は長くファンも多いため、市場規模も大きいです。ただ、まだリリースされて日が浅いので、リスクがあることも忘れないで下さい。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

上位表示されているサイトに個人の方で事前からリリースに備えてる方がいません。企業の事前情報や、まとめサイトが出てくるため、まだ上位に表示されているブログがない状況です。リリースされて間もないため、自分のブログを持っていない方がブログをスタートさせた場合、記事数が少なすぎて上位には表示されません。すでにブログを運営されてる方はSEOの強さがアドバンテージになりますし、これからスタートされる方は記事数がとても重要になってきます。ただ、闇雲に記事を書いても他と差別化ができないため、ブログにわかりやすいコンセプトを1つ持たせると良いでしょう。

ホームページ考察

かなり注目を集めているアプリのため、大中小企業がどんどんサイトを構築しています。リリース直後は企業同士のシェアの奪い合いがあるため、ライバルがかなり強力です。個人の方が真っ正面から戦うのは得策とは言えません。注目度が高すぎるので、戦わないという戦略を取るのもありでしょう。それでも参入を考えている方は、全ての情報を取り扱うのではなく、自分の強みを活かせるジャンルに絞ると良いでしょう。何かに尖ったサイトを構築して、そのジャンルでは負けないで下さい。

動画考察

よくある傾向なのですが、注目度が高いアプリは中堅〜初心者までの配信者がとりあえず動画を作ります。市場が大きいため、稼げるのではと考えたり、登録者数を増やしやすいと安易に考えるからです。確かに、一時的に視聴回数が増えることもありますが、そこから多くのファンを獲得して生き残っている方は、確かな戦略があり、自分自身のブランディングに成功しています。市場が大きく、チャンスも多いですが、ライバルが多いこともわかっているため、他とどこで差別化して戦って行くかを明確にしておくと勝算が高くなります。

もりおの総評

かなりの有名なタイトルで、リリース直後ということもあり注目度がとても高いです。市場も大きく、参入する方も多いため、その中で自分自身をどのようにアピールして行くかが大切です。脚光を浴びてる人が多いと思いがちですが、その裏ではそれ以上の方が日の目を見ることなく消えていっています。あなたはどちらになりたいのでしょうか?答えは明白だと思います。勢いで参入する前に、どのジャンルで戦い、どのように勝っていくかの戦略を練って下さい。勝てる戦略を練った後で、その勢いが必要になってくるのです。

【スクフェス最強の収益化評価】ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)についてマネタイズに適しているのかみていきましょう。

リセマラのオススメキャラと方法を厳選し3つに絞り、30秒で読める表にまとめた記事はこちら。
【スクフェス】厳選!リセマラオススメキャラ3選

リリース時期
iOS
2013.4.15
Android2013.6.6
ダウンロード数2100万(全世界4000万)
最高セルラン3位以内
直近の順位帯25位前後
独自アプリライフサイクル衰退前期
市場規模
マネタイズ性能
ブログ
ホームページ
動画
もりおの総評

リリースから4年以上が経過しているため、参入時期がかなり遅いです。セールスランキングを見ていても、以前ほど上位に来ることが少なくなり、勢いに陰りがでてきています。ただ、「ラブライブ」というコンテンツの人気が高いため、コアなファンを多く抱えているアプリです。漫画やテレビ・劇場アニメ、小説、声優によるライブ公演と幅広い活躍があるため、原作を知っているファンほどマネタイズにも向いています。市場規模が大きいため、自分の強みを活かせるのなら、チャンスもあるでしょう。

では早速、それぞれのマネタイズ性能を見ていきましょう。

マネタイズ性能研究

ブログ考察

4年以上経過していて、コンテンツ力のあるアプリのため、コアなファンがブログを書き続けているのかと思いきや「スクフェス」で毎日更新し続けているブログがありません。数日に1回更新していたり、ラブライブの他のコンテンツと絡めて高頻度で更新しているサイトが上位にあります。ただ、やはり上位のサイトは1年以上は経過しているため、SEO的にも強くなっています。今から参入する方は「4年経ったこのタイミングでなぜ参入しようとしているのか?」、「自分の今ある強みを活かせるのか?」しっかり考える必要があるでしょう。

ホームページ考察

4年以上も経過するとアプリの旬の時期が過ぎ去っていると言えます。そのせいもあり、大手の企業は撤退しているのが現状です。ただ、これからサイトを1から構築していくのは情報量が膨大すぎて個人ではその仕事量に圧倒されることでしょう。ある程度サイトを作る知識があったり、運営のマニュアルを持っていたり、ラブライブについての熱い想いがないと完成前に挫折してしまいます。全ての情報を取り扱うのではなく、ニッチに勝てる場所を探して、まずはその市場で勝てる戦略を練っていって下さい。

動画考察

このジャンルだけ見ると、盛り上がっているように見えます。市場も大きいため、視聴回数も多く存在しています。配信者も多いため、ライバルが多く、強力だと言えます。リズムゲームにありがちなのですが、プレイングを見せたり、ガチャを引く動画が多く存在しています。こういう動画に独自のアレンジをくわえてみたり、一味違った動画を作ることができるのであれば参入の余地が見えてきます。ただでさえ、参入時期が遅すぎるというデメリットがあるので、しっかりと戦略を練らなければ、勝算は低いでしょう。

もりおの総評

ラブライブのコアなファンの方なら、マネタイズできる幅が広がります。アプリ「スクフェス」以外の知識ももちろんあるでしょうし、ブログ・HP・動画のどのジャンルを取り扱っても内容に厚みをだせると思います。参入するジャンルを研究して、どのようにして自分のポジションを確立していくか、戦略を立てて下さい。4年以上のビハインドを、覆せるような戦略を考えましょう。行動に移すのはその後で十分です。